リュニフォームのNo N°62 は在庫があります

  • 素材

    All of L/Uniform’s models go through a tried and tested production process. The canvas and leather are carefully selected; the piping and closing systems, chosen for their solidity and design, merge together into trimmings that eliminate glue and favour stitching: they then form perfect highlights outside the bag in piping. Thus, the interior is perfectly smooth.

  • カーキのファブリック

    Still in use in the army thanks its many qualities, this 100% cotton canvas uses carded fibres. They are short, formed from initial raw material (thus without any chemical treatment) and particularly solid. They are then woven tightly so as to stand up against any deformation or tearing.
    As a result, the dye does not penetrate the fabric fully, which explains why sometimes white threads can appear on the inside.
    Of the hundreds of shades of khaki, L/Uniform has chosen US 1945, which was launched in 1945 for the production of canvas sheets and army tents. But while the army treated this raw canvas with a paraffin-based coating to make it waterproof and rigid, L/Uniform has used a special treatment, conceived for bags and baggage.

  • キャンバス地

    耐久性、軽さ、しなやかさを実現するため、コットン(63%)と麻(37%)の天然素材のファブリックを使用しています。織糸は織った後に洗いをかけます。さらに短く刈り込んでなめらかな表面に仕上げ、それから黒またはブルーマリンに染めます。さらに、外側はマットな風合いを保ちつつ撥水加工を施します。内側は、手入れをしやすくするための表面加工を行います。
    ベージュの製品は、素材の天然色をそのまま生かしています。外側も内側も表面加工を施し、濡れても大丈夫なように、また汚れが簡単に取れるように防水加工します。

  • レザー

    テープやベルトなどのパーツには、つやのあるなめらかなレザーが使われています。バッグのレザーには、リュニフォームのために厳選された最高級のカーフスキンのフルグレインレザーを使っています。スペイン北東部カタロニア原産のレザーを用い、現地の工場でなめし加工します。1864年創業の工場は最高の技術を誇り、牛の生育環境に最大限の注意を払う畜産業者と提携しています。

    伝統的ななめしの技術を使い、自然なレザーのきめや風合いとしなやかさを実現しています。いつまでも色あせず均一で美しい発色を可能にするため、中にまで染料がしみ込むように丁寧に染めを行います。そして、最後の仕上げとして撥水加工を行います。

リュニフォーム+
  • N°40
    機内持ち込みスーツケース
    Prix public: 1950€
  • N°43
    小型ショルダーバッグ
    Prix public: 430€
  • N°26
    トラベルポーチ
    Prix public: 245€
  • N°35
    48時間バッグ
    Prix public: 630€